MENU
26 1月

「branbran」で紹介されました!

1月25日発行の「branbran(ブランブラン) 2012.2月号」にて、バレンタイン商品「コロコロワッフルチョコディップ」と「くるくるワッフル プレミアム 贅沢生チョコロール」が紹介されました。
「branbran(ブランブラン)」は神戸・阪神間で配布されているフリーペーパーです。

電子ブックでもご覧いただけます。

bran20120125.jpg

04_05.jpg

さくさくの食感が人気の「コロコロワッフル」に、とろ~り溶かしたチョコをつけてお召し上がりいただく「コロコロワッフルチョコディップ」。ご家庭で手軽にチョコフォンデュをお楽しみいただけます!

ss-チョコディップ2011VD.jpg

バレンタイン時期限定の大きなハートをあしらったパッケージはとってもキュートでプレゼントにもぴったりです♪♪
blog-チョコディップPKG_VD.jpg

「くるくるワッフル プレミアム 贅沢生チョコロール」は、毎年大人気の商品!
2月1日より限定店舗にて販売いたします。
ベルギー産チョコレートを使用した濃厚な生チョコレートと、北海道産生クリームを使用したチョコクリームをワッフル生地で丁寧にロールしました。
芳醇なカカオの香りと、なめらかな口どけが贅沢なロールケーキ♪
ご自宅でまったりとバレンタインをお過ごしの方にもおすすめです☆
生チョコロール1202s.jpg

 ——————————————–
「branbran 2012.2月号」
出版社:ブランプール
発行日:2012/1/25
——————————————–

22 9月

本社を移転しました!

 9月20日より、本社を兵庫県神戸市中央区へ移転いたしました!

三宮駅から徒歩約3分ほどの場所で交通の便も良く、
周囲にはお店やオフィスが立ち並んでいます。

こちらが新しい本社です!
s-iten 15.jpg

入口にはきれいな看板も出来上がりました。
s-honsha2.jpg

1階ロビーには、絵画やブロンズ像が飾られており、
美術館のような趣きも感じられます。
s-s-honsha4.jpg   ss-honsha5.jpg

受付は、杉板の壁に赤いロゴを取り付け、
エール・エルらしい素敵な雰囲気に仕上がりました。
お祝いのお花は受付に大切に飾らせていただいております。
ありがとうございます!
s-honsha7.jpg  

s-s-honsha6.jpg  s-iten 034.jpg

本年、エール・エルはブランド創設20周年を迎えます。
この節目の年に、新たな地で今後さらなる躍進を遂げていきたいと
考えています!

また、本社移転に伴って、社員の名刺も新調いたしました。
月替わりで20種類ある
エール・エルの看板商品「ワッフルケーキ」になぞらえて、
20色から社員それぞれが好きな色を選びました。
全員分を並べると、こんなにカラフル!
(もちろん弊社社長の名刺は、エール・エルカラ―の『赤』です)
s-meishi.jpg 

20周年を迎えるエール・エルは次のステージへと第一歩を踏み出しました。
新たな気持ちで、これからもより多くの方においしいワッフルを
楽しんでいただけるよう、スタッフ一同頑張ってまいります!

02 9月

「無垢の画家 石井一男」展のお知らせ★20名様に招待券プレゼント★

2011年9月6日~10月30日、神戸市のBBプラザ美術館にて「無垢の画家 石井一男」展が初開催されます。

s-pamphlet1.jpg

弊社社長とも親交の深い石井一男さん。
以前のブログでも、「奇蹟の画家」出版記念パーティーでご一緒させていただいた模様や、お店にご来店いただいた模様などを紹介させていただきました。

石井さんの温かく穏やかな作品はとても素敵で、エール・エルの店舗にもいくつか飾らせていただいております。
今回の美術展には、店舗に飾っていたものを含め弊社社長の所蔵作品も展示されています。
1989年から2010年に描かれた作品約70点が展示され、石井さんの作品をたっぷりと鑑賞できる贅沢な美術展です。

今回、エール・エルの専用ページよりご応募いただいた方の中から、
先着20名様に招待券をプレゼントいたします。
招待券1枚につき2名様までご入場いただけます。

ご応募はこちらから。
[応募期間:~2011年10月20日(木)]
(※応募期間内でも、応募が20名様を越えた時点で募集を締め切らせていただきます。あらかじめご了承ください。)

この機会にぜひ石井一男さんの作品をお楽しみください。

—————————————————————————————————
「無垢の画家 石井一男」
期間:2011年9月6日(火)~10月30日(日)
場所:BBプラザ美術館
開館時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入館料:一般300(240)円/高・大生200(160)円/ 小・中生100(80)円
      ※65歳以上の方、障がいのある方とその付添いの方1名は半額
      ※( )内は20名以上の団体料金
—————————————————————————————————

■石井一男さん プロフィール
1943年、神戸市生まれ。
アルバイト生活をしながら独学で絵を描き、49歳で初個展。
以後、個展を中心に制作を続けている。画集に『絵の家』(ギャラリー島田、2008年)、『絵の家のほとりから』(同、2009年)、書き下ろしノンフィクションに『奇蹟の画家』(後藤正治著、講談社、2009年)。

■主な出品作品
s-megami1998.jpg 
s-hana1999.jpg       
    女神/1998年                     花/1999年                 

s-hitoritatu2004.jpg  s-tori2002.jpg
    ひとり立つ/2004年                  鳥/2002年
s-hikariwomotomete2006.jpg   s-tukiyonomichi2010.jpg       
    光を求めて/2006年                 月夜の道/2010年

26 7月

上海視察に行ってきました!

先日、エール・エルの海外出店を見据えて、上海へ視察に行ってまいりました!
今中国は、世界的に見てもっとも勢いのある国のひとつです。
その中でも上海は、昨年万博が開催されたこともあり、すごいスピードで発展を遂げています。

実際にその地を訪れると、街には高層ビルがいくつも立ち並び中国のパワーを感じました。

ここでは、4日間の視察旅行で撮影した写真の一部をご紹介します。

上海浦東国際空港に到着。

 s-1-12.jpg


建設中のビルを視察したりも。

s-2-13.jpg
途中、街角で見かけた自転車。かわいいフレームだけど、よく働きそうです。
壁の色使いもかわいい!

s-3-2.jpg


打ち合わせの後は、
上海料理の名店にて会食を行いました。

s-4-写真1.jpg


上海の金融街にある新しいショッピングセンター。
(中央にある美術館のエントランスのような建物は、なんとアップルストア!)

 s-5-5.jpg

街で蓮の実(?)を売り歩く男性。
食用なのでしょうか…?

 s-6-6.jpg

 別のショッピングセンターへも視察に行きました。


s-7-4.jpg 

視察や打ち合わせで充実した2日目の夜は四川料理を堪能。
テーブル中央にあるのは名物の上海蟹!
 
 
s-8-3.jpg


s-15.jpg

 

歴史ある建物を改装したショッピングモール。スターバックスさんもカッコイイ! s-9-8-1.jpg

三日目のお昼は中国茶のお店にて。
s-10-7.jpg

上海と言えば小籠包

お店は地元のお客さんで大にぎわいでした。

s-16.jpg

小籠包のお店のマスコット。s-12-8-2.jpg


 

空港まではリニアモーターカーで移動。

s-13-10.jpg


時速431kmを体験しました。
日本の新幹線がだいたい時速300km弱なので…1.5倍も

の速さ!

s-14-11.jpg

 

エネルギッシュな上海の街に興奮した4日間でした。
エール・エル海外進出の日もそう遠くはないかもしれません。
今後のエール・エルに乞うご期待!です。

17 3月

想いよ、届け!

今回の地震による被災地の厳しい現状が連日報道されています。
親しんだ日常が一瞬にして破壊され、
がれきの前に茫然と立ちつくす方々の姿に本当に胸が痛みます。

私たちに何かできることはないか?
神戸の震災を経験した私たちが、今度は被災地を応援できないだろうか?

そう思った私たちは、避難所にコロコロワッフルを届けることにしました。
問い合わせると、食料が足りない中、
日持ちのする焼き菓子はありがたいとのこと。
とはいえ交通機関・道路の状況が混乱しており、
なかなか自治体でも物資の輸送が困難な状況です。

情報をかき集め、やっとたどり着いたのが兵庫県のとある配送ルート。
そこでも日持ちのする食品は優先的に送りたいとのことで、
土曜日に発送される便に載せていただけることになりました。

今回準備できたのはコロコロワッフル1,000本。
思いも一緒に届けるため、パッケージにメッセージをみんなで貼り付けました。

IMG_0061.jpg
IMG_0053.jpg

「頑張ってください!!
 震災から復興した神戸から、
 心より応援しています。」

私たちの復興が希望となるように、想いを込めて。
IMG_0058.jpg

大急ぎで準備した商品を車に乗せ、小雪のちらつく中ポートアイランドへ。
IMG_0062.jpg 

途中通過したのは阪神大震災で横倒しになったあの高速道路。
たくさんのコロコロワッフルを詰めた箱を背中に感じながら、
目の前に広がる神戸の風景に、祈るような気持ちになりました。

あんなにたくさんのがれきも、崩れた街並みも、
こんなにちゃんと復興できたんだから、大丈夫。
みんなで一緒にがんばろう!

私たちの想い、どうかどうか、届きますように。

<追記>
今回の支援に、以下の企業さまからご協賛いただけることになりました。

カネカ食品販売株式会社様
三共商事株式会社様
株式会社トータルパック様
ニップン商事株式会社様
有限会社レーベルシステム様
大和産業株式会社様
(順不同)