MENU
29 9月

第30回&第31回目の関東 R.L シネマズを開催しました!

8/8に第30回、9/21に第31回目の関東R.Lシネマズを開催しました!

 

恒例の試食会では、12月・1月に発売予定のワッフルを試食しました。
クリスマス、お正月に店頭に並ぶワッフルはどんなものがいいか・・・と想像しながらいろんな意見が飛び交いました。
さらにおいしくなって発売されるまでどうぞお楽しみに♪

 

****

 

8月は2016年大ヒットアニメ「君の名は。」を上映しました。

日本歴代興行収入4位の「君の名は。」は、
何度リピートしても楽しい、よく考えられた脚本や伏線、ストーリー、設定などに加え、「新海マジック」と言われる圧倒的な映像美に魅了されました…!

 

鑑賞後には何人かから感想をもらいました。
初めて観る人は展開の早さにハラハラしたり、映画館で観たことがある人は伏線に気付いて、また違う角度から観たりと、色々な楽しみ方ができる作品でした(*^^*)

改めて、日本のアニメは世界に誇る日本の素晴らしい文化だと実感しました。今後の日本のアニメの進化が楽しみです!

 

****

 

9月はインド映画の「マダム・イン・ニューヨーク」を鑑賞しました。

 

――――あらすじ――――
ビジネスマンの夫、2人の子供のために日々家事をこなす専業主婦シャシは、家族の中で唯一英語ができないことがコンプレックス。事あるごとに夫や子供たちにからかわれ、傷つき、ぶつけようのない不満を持ち続けていた。ある日NYの親戚の結婚式の手伝いを頼まれ単身渡米するも、英語が話せないためつらい思いをする。そんな時「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告を見つけた彼女は、身内に黙って学校に通い始めるが……。
――――――――――――

 

自分のコンプレックスをはねのけ、ひとりの女性として誇りや自信を取り戻すお話です。言葉が通じない経験が過去の自分と重なり、ほろりときた…という感想も( ;△;)

チャレンジすることの素晴らしさを教えてくれる勇気づけられる映画でした!

映画鑑賞の後は、話が盛り上がって自然と輪になりおしゃべり♪映画談義に花が咲く素敵な一夜となりました✩

31 7月

第71回目 R.L シネマズを開催しました!

7月24日に神戸の本社にて、第71回目の「R.L シネマズ」を開催しました!

恒例の試食会では、12月に向けて開発中のワッフルケーキの試食をしました。
クリスマスということで、シールもとってもかわいいデザイン♪
発売までお楽しみに♪

*****

 

その後は映画の上映会。
今回は久々の邦画『シン・ゴジラ』を鑑賞しました。


『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明が脚本・総監督、
『進撃の巨人』シリーズなどの樋口真嗣が監督・特技監督を務め、
日本発のゴジラとしては初めてフルCGで作られた特撮映画です。

 
核問題、政治、戦争などをテーマとした社会派なストーリーで、

自衛隊の全面協力で作り上げられたという戦闘シーンは迫力満点!

「日本の総力戦という感じで、すごく見応えあって面白かった」
「とにかく迫力があった!BGMや俳優さんのテンポ良いセリフにドキドキさせられた」といった感想も。

また、長谷川博己、竹ノ内豊、石原さとみほか、
300名を超える豪華キャストが出演している本作品。
最後のクレジットを見たときには、
「え?この人もでてたの?」と思わずもう一度見直したくなってしまいました!

 

07 7月

第29回関東R.Lシネマズ&試食会を開催しました!

7月5日に東京オフィスで第29回目となる「関東R.Lシネマズ」
そして新商品の試食会を開催いたしました!

 

映画上映の前にまずは恒例の試食会♪

今回試食したのは11月に発売予定のワッフルケーキ。
新素材を使用した今までにないワッフルケーキが登場予定です★
試食をしたスタッフもみんな「美味しい~」と大好評でした!
ぜひ11月の発売を楽しみにお待ち下さい♪

 

*****

 

試食会の後はお待ちかねの映画上映会!
今回は、日本では2014年に公開された
人工知能型OSとの恋愛を描いたSF恋愛映画の
『her~世界でひとつの彼女~』を鑑賞しました!

近未来のロサンゼルスが舞台になっており、
主人公セオドアが手にする人工知能型OSは、今のiPhoneにあるsiriの進化バージョンのようで、iPhoneユーザーは「現在の延長線上にある世界」だと、受け入れやすい世界観でした。

 

スカーレット・ヨハンソンが演じる人工知能型OSのサマンサは、実体をもたない“声”だけの存在ですが、驚くほど個性的で、ユーモラスでセクシー!
自分に最適な情報を提供してくれるだけでなく、ジョークを交わし合ったり、つらいときに支えてくれたりと、人間よりも人間らしいサマンサにセオドアが惹かれていく気持ちがすごく伝わってきました。

 

自分のことを理解してくれる人工知能型OS、「同性の仲の良い友達としてだったら是非欲しい」という声も。

その一方で、人工知能の進化に少し恐くもなりました…。
人工知能が人間の能力を超えることで起きる出来事のことを
「シンギュラリティ(技術的特異点)」といい、それは2045年に起こると言われています。
人工知能が自分の意志をもって自立し進化していったら、ゆっくりとしか進化できない人間に勝ち目はなく、いずれは人工知能に取って代わられるかもしれません。
もしそうなってしまったら今後どうなっていくのだろうか…と考えさせられる作品でした。

また次回のR.Lシネマズも楽しみです(^v^)

04 7月

第70回 R.L シネマズを開催しました!

6月26日に神戸の本社にて、第70回目の「R.L シネマズ」を開催しました!

恒例の試食会では、11月に発売予定のワッフルケーキと
開発中のコロコロワッフルを試食しました。
中には今まで使ったことがない食材のワッフルも。
さらにおいしくなって発売されるまでどうぞお楽しみに!

 

*****

 

今回の映画は『博士と彼女のセオリー』(2014年 イギリス)。

 

先月、人工知能をテーマにしたSF映画『エクス・マキナ』を見た際、
「人工知能の完成は人類の終焉を意味する」と語った
天才物理者 スティーヴン・ホーキング博士の話題がでてきたので、
彼の半生を描いた作品を鑑賞することになりました☆

 

―――あらすじ(シネマトゥディより)―――

 

天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。

 

――――――――――――

 

彼を長年支え続けた妻ジェーンとの出逢いのエピソードと、
試練に満ちた結婚生活に立ち向かう2人の
愛の行方を描いた感動の伝記ドラマです。

 

 

鑑賞後は、「博士だけでなくそれを支え続けたジェーンの
心の強さや周りの家族や友人の協力も本当にすごいなと思った」
「命あるかぎり希望がある、と言った言葉が印象的」といった感想も。

 

私も、難病を患ったホーキング博士の介護をしながら、
3人の子どもを育て、家族を支えてきたジェーンの芯の強さに
思わず心打たれました(:_;)

 

 

09 6月

第28回関東R.Lシネマズ&試食会を開催しました!

6月7日に、東京オフィスで第28回目となる「関東R.Lシネマズ」
そして新商品の試食会を開催いたしました!

 

映画上映の前にまずは恒例の試食会♪

今回試食したのは10月に発売予定のワッフルケーキ。
10月といえば……ハロウィン!ということで、
ハロウィンにぴったりのカラフルでワクワクするような
ワッフルケーキが勢ぞろいしていました☆
秋の食材をたっぷりと使用していて味もバッチリ!

 

ぜひ10月の発売を楽しみにお待ち下さい♪

 

 

*****

 

 

試食会の後はお待ちかねの映画上映会!
今回は、第40回日本アカデミー賞で11部門を受賞し
渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、宮﨑あおい、妻夫木聡など
日本映画界を代表する豪華キャストが集結した
『怒り』を鑑賞しました!

 

ショッキングで目をそらしたくなるような重い出来事もあり、
何ともやりきれないような辛い気持ちになりましたが、
大切な人であっても信じ続けることは難しい、ということを
1つ1つのシーンを通じて感じ、登場人物の感情の動きに心が揺さぶられました。

 

今度はハッピーエンドの映画が見たい!という声も…!(笑)
次回はどんな作品に出会えるでしょうか?今から楽しみです(*^_^*)