MENU
30 11月

第8回関東歩こう会を開催しました!

毎年恒例となりました関東歩こう会♪
東京駅からワッフルケーキを作る横浜アトリエまで、
約30kmの道のりを歩きます!
早いもので、関東でも第8回目を迎えることができました☆

IMG_3177

 

しかし、当日はあいにくの雨・・・
11時頃から天気が回復しそうとの情報を信じて、
とりあえず東京駅丸の内口で待機です!

DSC07524

 

いつ見ても美しいドーム天井♪

DSC07519

 

 

そして祈りが通じたのか、天気がだんだんと回復・・・!
皇居二重橋前で恒例の写真撮影を行い、いよいよスタートです!

IMG_3194

IMG_3218

 

 

皇居を出発し、庁舎が建ち並ぶ霞ヶ関を抜けてほどなくすると
東京タワーが見えてきます!
まだまだみんな元気そう♪

IMG_3230IMG_3238

 

その後も、ときおり休憩をはさみながら
中原街道をどんどん進んでいきます!

IMG_3241

 

洗足池の前を通って・・・

DSC07552

 

都内の街並を抜け・・・

IMG_3249

 

東京都と神奈川県の県境、丸子橋まで来ればあともう一踏ん張り!
ラストスパートです☆

DSC07561

 

 

最後の力をふりしぼって、
ついに横浜アトリエに到着!!!
雨上がりで肌寒い中、みんな頑張りました!

%E5%86%99%E7%9C%9FIMG_3255

IMG_3274IMG_3263IMG_3252

IMG_3270IMG_3258IMG_3272

IMG_3278IMG_3281IMG_3287

IMG_3267IMG_3283

IMG_3285IMG_3289

 

 

そして気になる今年のトップグループのタイムは・・・
3時間43分!!!
なんと、昨年と全く同じタイムでのゴールとなりました。

 

残念ながら、一昨年の歴代最速タイムを更新することはできませんでしたが、
コンディションの悪い中歩き切れたことは、
スタッフ全員の自信になりました♪

DSC07569

 

 

一生懸命歩いたあとは、
横浜アトリエで製造したてのワッフルケーキをいただきます!

DSC07578

 

ふわっふわであま〜いワッフルケーキ☆
疲れもふっ飛びます!
みんなでおいしくいただきました♪

IMG_3299

IMG_3302

 

全員で同じ目標に向け頑張ることで、
団結力がより高まったと感じられる1日でした♪
来年こそは新記録が出せるようにがんばります!☆

28 11月

R.L創業祭 ワッフルケーキ全品100円!

1991年12月1日に創業した
ワッフルケーキ専門店「エール・エル」。
この度おかげさまで《24周年》を迎えます。

 

日頃のご愛顧に感謝して、

12月1日(火)~6日(日)の6日間、

 

看板商品「ワッフルケーキ」

 

全 品 1 0 0 円 (税抜)で販売いたします!!

杉板ワッフル_文字なしs_正方形

 

さらに!
毎月1日に開催している
「ワッフルの日」も同時開催\(^o^)/

ワッフルの日

 

12月1日は、人気のワッフルケーキ「プレーン」「抹茶」「ストロベリー」の3種を
1個  8 0 円(税抜)でご用意いたします。

ワッフルの日POP+税

 

とってもお買得なこの機会をお見逃しなく♪
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

★店舗情報はこちら→ショップリスト

※一部イベント内容が異なる店舗もございます。

・グランスタ店(東京駅)→24周年記念として12/1に
「くるくるワッフル プレミアム 贅沢いちごホワイトロール」を特別販売。

・名古屋髙島屋店→別日程でセールを実施。

※催事店など一部店舗は実施いたしません。

 

★ネット店では24周年記念企画を開催!→詳細はこちら

23 11月

2015年美術館研修を行いました!(関西)

関東に引き続き、11月17日、18日は
関西の美術館研修を行いました。
(関東の様子はこちら
関西では人数が多いため、
2グループに分けての実施となりました。

 

今年の訪問先は
「姫路城」と姫路市立美術館で開催されている
『没後20年 ルーシー・リー展』です。

 

まず訪れたのは、
世界文化遺産であり国宝でもある姫路城です。
総工事期間が約5年にも及ぶ「平成の大修理」を経て、
2015年3月に新しい姿で公開されて以来、
国内外から多くの観光客が訪れる注目のスポット。
研修を実施した2日間も平日にも関わらず、
たくさんの人で賑わっていました。

 

まずはみんなで記念写真(*^^)

美術館研修 008

 

そしてさっそく大天守を目指して進みます。

美術館研修 037

 

姫路城は、日本最高峰の木造建築にして、
世界でも類を見ない美的完成度を誇ると言われています。

 

築城以来400年の歴史の中で、
戦にまみえることなく、
近代の戦災にあうこともありませんでした。
その結果保存状態が非常によく、
ほかに類例のない遺構も多いため、
極めて貴重な文化遺産となっているのです。

 

大天守の中は、
木造の室内が最小限の灯りで照らされて
まるで戦国時代に
タイムスリップしたかのような雰囲気…!

美術館研修 021

美術館研修 036

 

現代ではなかなかお目にかかることのない
はしごのように急な階段を使って登っていきます。

美術館研修 064美術館研修 048

 

研修中は2日間ともあいにくの曇り空でしたが、
窓からは姫路市内をきれいに見渡すことができました。

社長姫路城

 

お城の外にも見どころがたくさん。
緻密に組まれた美しい石垣もその一つでした。
こちらは「扇の勾配」と呼ばれる石垣で、
上に行くほど反り返っているのは、
敵によじ登らせない工夫でもあったのだそうです。
社長姫路城4

 

また“白鷺城”とも呼ばれている姫路城。
外部に現れたすべての表面を漆喰で仕上げる
白漆喰総塗籠造(しろしっくいそうぬりごめづくり)という工法が用いられています。

 

薄く何度も塗り重ねられ、その厚さはなんと3cm!
美しい真っ白な見た目だけでなく、
火災や風雪から城を守る役目を果たしています。

 

昔の人の数々の知恵に驚くと同時に、
芸術的にも美しいお城の造りに感心しっぱなしでした!!

 

 

お城を間近でみると大迫力!
美術館研修 081

 

美術館研修 043

 

 

お昼休憩をはさんで、
午後から訪れたのは「姫路市立美術館」。
美術館研修 093

 

姫路城の日本らしい雰囲気からは一変、
赤レンガの建物ときれいな紅葉が調和して
外国のような雰囲気が漂っていました。
美術館研修 103

 

こちらで行われている
『没後20年 ルーシー・リー展』を鑑賞しました。
美術館研修 091

 

ルーシー・リー(1902 -1995)はウィーンに生まれ、
のちにロンドンに移住し活動した
20世紀を代表する陶芸家。

 

ルーシー・リー様式ともいうべき
モダンかつ情緒豊かな器物型スタイルを打ち立て、
世界的に高く評価されました。

 

 

今回の展覧会では、初期から晩年に至る
約200点の作品が展示されています。
ルーシー・リーパンプ

 

展示されている大半の作品が日本初公開!

 

ルーシー・リーのファンはもちろんのこと、
食器や花器、ボタンなど
普段の生活で使う身近なものが多いので、
美術品にあまりなじみがない人も
存分に楽しめる内容です。

 

洗練されたシルエットに、
美しい色合いが素敵なルーシー・リーの作品。

 

ピンクやブルー、イエローといった鮮やかな色から、
ベーシックな白、 シックな雰囲気のブロンズなど
様々な色が使われており、
華やかでありながらあたたかみのある
独自の世界観にすっかり魅了されました。

 

 

鑑賞後は、
恒例の 「自分が買うならどの作品を選ぶか」を発表していきました。

s-美術館研修 069
発表2

 

「とにかく一目ぼれ!」という感覚的に選んだ人や、
購入したら、「白で統一している部屋に置きたい」
「スポットライトを当てて眺めたい」といった
飾ることを考えて選んだ人、
「お茶碗が欲しかったので、
お米が合いそうなものを選んだ。
器を楽しみながら、ご飯を食べたい」など
日常生活に取り入れたいという人など
様々な意見がありました。

s-美術館研修 093

 

 

さらに今回、新保社長が保有している
ルーシー・リーの作品3点を、
なんと実際に触らせてもらうことに!
s-美術館研修 229
ついさっきまで、
ガラスケース越しにみていた作者の作品を前に、
みんなちょっぴり緊張しながらも、そっとタッチ☆
美術館研修 115 (2)
手にとってみると、意外と重たいな、
などの新しい発見があり、
また展示では見ることができなかった底面など
細部をじっくりと見ることができ、
貴重な経験となりました。

 

自身の感性で芸術を楽しむことはもちろん、
みんなと意見を交換することで、
より考えを深めることができました。
美術館研修 254

 

 

 

研修を終え、その後はお楽しみの懇親会♪

Read More

22 11月

オリジナルストール第1弾、第2弾完成!

「Atelier Tetsuya Shimpo」のオリジナルシャツについては
本ブログでも何度かご紹介させていただいていますが
前回新たに制作したネクタイとボウタイに続き、
今回はなんとストールを作ってしまいました!
(こちらも非売品です…!)
 
生地は2種類!
「Atelier Tetsuya Shimpo」のタグつきです。
ストール1

ストール2

 
英国のヴィンテージ生地で仕立てました。
(↓「MADE IN ENGLAND」と書いてあります)
ストール7
 
つけてみると、こんな感じ!
ストール3
 
シックな色合いで、上質な生地。
ぐっと大人の装いになりました♪
ストール5ストール6

ストール4

20 11月

今年もエール・エルのスタッフが挑戦!
第5回 神戸マラソン☆

11月15日に開催された第5回 神戸マラソン。
エール・エルも大会に協賛させていただいていることもあり
様々なイベントに参加させていただくとともに
当日ランナーとして11名のスタッフがマラソンに挑戦しました!

大会に先がけ11月13日、14日行われた「神戸マラソンEXPO 2015」では
ブース出展をさせていただきました。
(その様子はこちら

マラソン前日の14日にはレセプションパーティーが行われ
こちらにも参加させていただきました。
IMG_0044

有森裕子さんと弊社社長。

s-新保社長・有森様

同じく14日に、ランナー向けに企画された
「カーボローディングパーティー」が開催され
エール・エルからはワッフルケーキを提供させていただきました!

マラソンに向けたエネルギー補給として
炭水化物を中心としたメニューをいただくことができます。
「RF1」などのブランドを全国に展開されている
「ロック・フィールド」さんのお料理がずらりと並びます。
カーボローディングパーティー (2)

弊社のスタッフも参加させていただきました。
エール・エルのワッフルをパクリ!
カーボローディングパーティー (7)

そしていよいよマラソン当日!
神戸の本社に集まった後、みんなでスタート地点へ向かいます!
2015.11.15 002

スタート直前のセレモニーでは、
黄色い手袋をはめたランナーが両手を掲げ
阪神・淡路大震災からの復興を象徴する「ひまわり」を表現!
様々な想いを持ったランナーがこの神戸マラソンに集いました。
IMG_0236

そしていよいよスタート。
海に臨む神戸の街を走り抜けるランナーたち。
IMG_0276

トップを走っていたハロン・マレル選手!
ランナーとして参加していたスタッフがすれ違いざまに激写しました!
IMG_0298

フルマラソン、クォーターマラソン合わせて
約2万人のランナーが駆け抜けました。
42.195kmの道のり、それぞれのドラマがあったことでしょう。

そして、エール・エルのスタッフも続々と完走!
一歩一歩進み続けて、辛さも乗り越えて辿り着いたゴール。
その達成感はみんなの表情に表れています!
2015.11.15 011

2015.11.15 008

2015.11.15 007

2015.11.15 009

2015.11.15 005

それぞれの全力を出し切った一日!
見事完走した方、思ったような走りができなかった方、
結果は様々だと思いますが
果敢に挑戦したその気持ちに拍手を送りたいと思います!!(^o^)
2015.11.15 003

1 / 41234