MENU
31 10月

2016年美術館研修を行いました!(関東)

関西に引き続き、関東も10月26日、27日に美術館研修を行いました。
※関西の様子はこちら

 

【1日目】上野の森美術館&国立西洋美術館
【2日目】東京都美術館&国立西洋美術館
関東はこちらの2コースで実施しました!

 

それぞれの美術館での様子をご紹介します♪
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
■上野の森美術館

こちらの美術館では

企画展 『デトロイト美術館展~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち』
を鑑賞しました。
%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e6%b8%88%e3%81%bfdsc_0262
デトロイト美術館とは・・・
アメリカのミシガン州にあり、古代エジプト美術から現代美術まで
65,000点以上の作品を所蔵している全米屈指の美術館です。

 

今回の企画展ではそのコレクションの中から
モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、ピカソ・・・等
名作中の名作、52点が展示されています。

 

一度は聞いたことのある有名な芸術家の作品が揃った企画展なので
期待も高まります・・!

 

まずはミーティングをして、チケットを手にいざ美術館の中へ。
%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0dsc00951
残念ながら館内の撮影がNGだったため
鑑賞した作品をご紹介することはできませんが、
日本初上陸の作品など、普段なかなか目にすることができない
貴重な作品も展示されており、大満足の内容でした☆
dsc00966

 

■東京都美術館

こちらの美術館では、

企画展『ゴッホとゴーギャン展』を鑑賞しました。
img_4058
生い立ちや性格、絵画表現も大きく異なる
有名な2人の画家に焦点を当てた展覧会は日本で初めてとのこと。
ゴッホとゴーギャンの初期から晩年にわたる作品の約60点が展示されています。

 

こちらも撮影NGだったため、残念ながら作品はご紹介できませんが、
当時2人の交わした手紙の引用文も数多く紹介され、
2人がどんな思いでそれぞれの作品を描いたのか想像しながら鑑賞することができました。

 

%e5%8a%a0%e7%80%ac%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%e7%a4%be%e9%95%b7

ゴッホとゴーギャンの関係性や芸術性を表すモチーフとしての「椅子」
せっかくなのでパチリ☆

 

また、実はこちらの東京都美術館は展示作品だけではなく、
美術館自体も注目すべき芸術作品です。
日本におけるモダニズム建築の巨匠の1人前川國男氏が設計した建築で
いたるところに前川氏の設計のこだわりを見ることができます。
%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e3%82%a4%e3%82%b9%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

 

美術館の外にも目を引く彫刻が展示。
普段とはちょっと違ったアングルで記念撮影してみました♪
%e7%90%83%e4%bd%93

 

■国立西洋美術館

こちらではフランス近代の絵画・彫刻を中心とする≪松方コレクション≫を鑑賞しました。

dsc01023

 

実業家の松方幸次郎氏は、日本最初の西洋美術館の建設を目指し、
ヨーロッパで膨大な数の美術品を収集しますが、その後の変遷により
多くの作品が散逸してしまいます。
しかし、パリに残されていた約400点の作品の大部分は戦後に日本へ寄贈返還され
「松方コレクション」として国立西洋美術館で展示されています。

 

14世紀に作成されたものから20世紀にいたるまでの近代絵画や彫刻を
鑑賞しました。
dsc00983dsc00999img_4081
間近で目にすることができる芸術作品に
思わず魅了されてしまいました☆

 

せっかくの機会なので作品と一緒に・・♪
はい、チーズ☆
dsc00979
絵画から彫刻まで
様々な芸術作品を鑑賞することができました。
img_4075

 

しかし、国立西洋美術館の魅力は、これだけではありません!
こちらの美術館も「建築」が重要なポイントです。

 

国立西洋美術館は
「近代建築の三大巨匠」と呼ばれるル・コルビュジェ氏が設計した日本で唯一の建築です。
今年、国立西洋美術館は7か国17資産で構成されるル・コルビュジェ氏の建築作品の1つとして世界遺産に登録されました。
そんな建築の内部空間に入れることはとても貴重な機会です。

 

美術館を注意深く鑑賞してみると、何気なく見ている空間も
天井の高さや外壁の大きさまで緻密に計算され、
1つ1つ考え抜かれた設計であることがわかります。

dsc00972dsc01002
コレクションが増えるに従って、展示室を追加していくことができる
「無限成長美術館」という考えのもとに作られたこの美術館。
2階には中3階が作られており、空間が巧みに利用されています。
%e8%a5%bf%e6%b4%8b%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e4%b8%ad3%e9%9a%8e

 

美術館自体を1つの芸術作品として見ることで
今まで知らなかった建築の素晴らしさに気づくことができました。

 

 

最後に【発表会】の様子をご紹介します♪

 

美術館を見学した後は、東京オフィスに戻り
恒例の発表会をしました。
img_4184
「自分が買うとしたらどの作品を買うのか」を発表します。

 

「買う」ということは芸術作品にとって、とても大切な要素。
≪芸術作品は作成したら始まるのではなく、「買う」ことで始まる≫
という新保社長の言葉。
R.Lも新保社長が1つのルネ・ラリックの作品を買ったことからすべてが始まりました。

 

「作品を買う」という意味をしっかり考え
みなさんそれぞれの感性で今回購入する作品を選びました。

 

自分に似ていると思ったから・・・
玄関に飾りたくて・・・
などなど、選んだ理由はさまざま☆
img_4164%e5%90%89%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93dsc01066dsc01069
中には同じ作品を選んだ方々も♪
dsc01083
仲良く分けてくださいね(笑)

 

発表会は、他の人の発表を聞くことで
新たにその作品の魅力に気づかされるなど、新しい発見がいっぱい。
dsc01110

 

2日間の研修で磨いてきた感性を今後の仕事に活かして
R.Lをさらに盛り上げられるように私たちはこれからも頑張ります。

28 10月

新保社長Birthday Party☆
&R.L シネマズの開催

10月27日は新保社長の誕生日。
少し早めですが、10月24日の「R.Lシネマズ」の時間に
関西のスタッフでバースデーパーティーを行いました!

dsc06191

映画上映を始めると見せかけて、
サプライズムービーを流す、という予定だったのですが、
サプライズの予感を察知されたのか、

 

社長から
「明日も出張で早いので、今日は帰ります。。」と
ある意味逆サプライズ…!

 

そして、それはマズイと慌てて引き留めるスタッフ…!

 

何とか会議室に引き留めることに成功し、
無事パーティーをスタートしました(笑)

dsc06177

お誕生日ケーキは、新保社長の似顔絵チョコと、
愛車を表現したミニチュアケーキつきのスペシャルな仕上がり!

 

似顔絵チョコと同じポーズでパチリ☆

dsc06241

みんなでおいしくいただきました。
dsc06226dsc06257

 

そして関西スタッフからの心をこめたプレゼントは、
みなさんお馴染みのNHKの番組
「プロフェッショナル 仕事の流儀」風のムービー。

134

社長と馴染み深いスタッフから
「あの時社長はすごかった!」インタビュー映像と、
写真のスライドショーをTV番組風にまとめたものです。

19151451618

インタビューでは
過去の社長についてあれこれ語られていて、
「そうだったのか~」と思う内容も。

 

喜んでいただけたようでよかったです。

 

新保社長おめでとうございます!
さらに飛躍の一年になりますように(*^^*)

 

*****

 

その後はR.Lシネマズを開催しました。

 

今回鑑賞したのは、『ミックマック』というフランスの映画。
『アメリ』や、以前R.Lシネマズでも上映したことのある『天才スピヴェット』などを手掛けた
ジャン=ピエール・ジュネ監督の作品です。

dsc06171

頭に銃弾を受け仕事も家も失った男が、
個性的な仲間たちと共に、自分の人生をブチ壊した者たちに
仕返しを謀るコメディームービー。

dsc06261dsc06282

ファンタジックでありながら、ブラックジョークを含んだ
シュールな世界観に引き込まれつつ、
最後はハッピーな気分になれる映画でした(*^^*)

24 10月

「ももち浜ストア」など
複数メディアで紹介されました!

テレビや新聞など複数のメディアで
博多阪急店限定商品「うまかコロコロ」が紹介されました!

 

10月24日放送の「ももち浜ストア」(テレビ西日本)でピックアップしていただいたのは、うまかコロコロ「福岡のあまおう」。

%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%83%ad5%e7%a8%ae%e9%9b%86%e5%90%88s-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

1箱3袋入りで、小分けになっているので
ちょっとずつ食べられるのもうれしいポイント!

 

お土産やおやつにぜひお試しくださいませ(^^)/

 

※好評につき売り切れとなる場合がございます。
【TV】

「ももち浜ストア(夕方版)」
テレビ西日本 16:50~19:00
放送日:2016/10/24

【新聞】

「毎日新聞」(西部朝刊)
2016/10/5付

21 10月

2016年美術館研修を行いました!(関西)

10月19日、20日と2日間に分けて
関西での美術館研修を行いました。

 

美術館研修とは…?と思われた方もいらっしゃるかと思います。
エール・エルでは年に1回、
みんなで美術館やお寺、建築物などを観に行き
感性を磨く研修を行っています。
スタッフの感性を高めることで、エール・エルのお店づくりにも
役立てていきたいという思いから始まった恒例行事です。
社員数も年々増えていき、今年は関西、関東ともに2グループに分かれ
計4回の実施となりました。

 

今回は関西の2日間の研修の様子をご紹介いたします。

 

【1日目】
まず訪れたのは、兵庫県芦屋市にある「ヨドコウ迎賓館」(旧山邑家住宅)。
近代建築の三大巨匠のひとりと言われるフランク・ロイド・ライトが設計し、国の重要文化財にも指定されている建物です。

dsc05804
芦屋の山手、坂を登った先にある邸宅は
自然の中に悠然と佇む姿が美しく
さらに内部のこだわり抜かれた設計と華麗さは
本当に素晴らしいものでした。

2016-10-19-4
dsc05764 dsc05766
2016-10-19-32016-10-19-1

バルコニーから見渡せる芦屋の景色も気持ちよく
この景色を含めた建築なのだと感じました。
2016-10-19-12dsc05788
素敵な応接室でも記念撮影をさせていただきました。
dsc05796
その後、神戸市立博物館で開催中の
『松方コレクション展 ―松方幸次郎 夢の軌跡―』を鑑賞しました。
現在の川崎重工業株式会社、神戸新聞社の初代社長である
松方幸次郎氏のコレクションの一部が公開されている展覧会です。
dsc05844
20世紀初頭の第一次世界大戦下で、
巨万の私財を投じて収集された美術品は
その規模から世界3大コレクションのひとつとも言われています。
モネやゴーギャンの絵画、ロダンの彫刻など約2,000点、
日本から流出していた浮世絵を一括して購入した8,200枚を加えると
その数なんと1万点に及ぶそうです…!

 

しかし、1927年の金融恐慌のあおりを受け
そのコレクションも散逸を余儀なくされ、
さらに関税の問題でフランスに残されていた作品は
第二次世界大戦後、交渉の末多くは返還されましたが
19点フランスに留め置かれた作品もあるそうです。

 

松方氏は、日本人に上質の西洋美術に触れてほしいとの想いで
莫大な私財を投入して美術品収集にあたったそう。
その想いを感じながら、約160点もの作品を鑑賞させていただきました。
dsc05833
【2日目】
まず訪れたのは西宮市大谷記念美術館。
こちらで開催中の『マリメッコ展』を鑑賞しました。
dsc05926
世界中で絶大な人気を誇るフィンランドのブランド
「マリメッコ」の60年にわたる歴史をたどる
国内初の大規模な展覧会で、
ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、
ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、
デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料などが展示されています。
20161021084625_00001
著名デザイナーのストーリーや下絵なども展示されていて、
マリメッコのデザインの魅力に迫ることができました。

 

ちなみに、エール・エルのフリーペーパーには
北欧ヴィンテージ食器が登場
していて、
会社にはカップ&ソーサ―、プレートの3点セットのコレクションが
600セット以上もあるのです!
中にはもちろんマリメッコのものも。

 

エール・エルにとってなじみ深い北欧のデザイン。
今回「マリメッコ」について詳しく知ることで、
人を引き付ける魅力をより一層感じることができました。
dsc05934dsc05938
続いて訪れたのは、
「武庫川女子大学 甲子園会館」。

 

現在は大学のキャンパスとして使われていますが、
元々は「甲子園ホテル」として誕生した建物で、
国の登録有形文化財にも登録されています。
dsc05948
こちらでは、大学の方に詳しい解説を聞きながら、
見学させていただきました。
dsc05984
dsc06017

設計は、1日目の研修で訪れた「ヨドコウ迎賓館」を設計した
フランク・ロイド・ライトの
愛弟子である遠藤新が手掛けたもの。
戦前は「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と
並び称される超一流ホテルでした。

 

屋根には瓦が用いられていたり、
打ち出の小槌のモチーフがあらゆる場所にあしらわれていたりと、
日本の伝統美を生かした洋式建築となっています。
dsc05966dsc05982
dsc05989dsc05987
dsc06001
元々はカードゲームをするための部屋だったという
「カードルーム」で記念撮影もさせていただきました☆
dsc06045

改装して教室として使われている部屋もありますが、
ホテルだった時代のまま残されているスペースや装飾もあり、
歴史を肌で感じることができました!

 

【発表会】
2日間とも、本社に戻った後は
「自分が買うならどの作品を選ぶか」を一人一人発表していきました。
「好きな作品」ではなく「買いたい作品」を選ぶのがミソ。
自分のお金を出して買うことを考えると
より真剣に作品と向き合い、考えることができるからです。
dsc05853dsc05870
dsc06119dsc06137
新保社長の解説やお話しを交えながら
今回の研修経験をより深めていきました。
dsc05882
来週は関東で研修を行いますので
またこちらのブログで紹介させていただきます☆

14 10月

「ハロウィンワッフルドルチェ」販売スタート!

10月1日から全国の店舗では
「ハロウィン・ワッフル・パレード」フェアを
実施しています。

 

そして、本日10月14日からは
「ハロウィンワッフルドルチェ」と
「くるくるワッフル ハロウィンロール」が期間限定で登場!

 

怪しげな見た目で
ハロウィンパーティーを盛り上げることまちがいなし♪
この時期ならではのスイーツをぜひお楽しみください☆

 

*****

 

◆ハロウィンワッフルドルチェ
販売期間:10/14~10/31

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%81%e3%82%a7

真っ黒なワッフルで
ちょっぴり怪しげなスイーツに仕上げた
ハロウィンカラーのミニケーキです。

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%81%e3%82%a7%e7%ae%b1

真っ黒なチョコクリームとワッフルが怪しげな「黒チョコ」、
見た目も鮮やかな紫いもペーストを デコレーションした「紫いも」、
かぼちゃの豊かな風味が楽しめる「パンプキン」をセットにしました。

 

*****

 

◆くるくるワッフル「ハロウィンロール」
販売期間:10/14~10/31

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab

濃厚な味わいのパンプキン餡とまろやかなカスタードを
パンプキンのワッフル生地でロール。
ほっくりとしたかぼちゃの甘みが広がります。

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab_%e5%b8%af%e4%bb%98%e3%81%8d

ジャック オ ランタンをデザインした
パッケージもポイント!
手土産やおやつにぜひどうぞ(*^^*)

 

*****

 
※一部お取扱いのない店舗もございます。
詳細は各店舗に直接お問合せください。

 

★店舗一覧はこちら
★お取り寄せはこちら
※通販の「ハロウィンワッフルドルチェ」は冷凍タイプです。

 

 

各メディアでもご紹介いただきました!

 

【フリーペーパー】

「シティリビング 横浜」
出版社:サンケイリビング新聞社
発行日:2016/10/14
web版はこちら

【web】

「デパチカドットコム」
掲載日:2016/10/3
記事はこちら

「Kiss PRESS」
掲載日:2016/10/6
記事はこちら

「えん食べ」
掲載日:2016/10/10
記事はこちら

1 / 3123